忙殺サラリーマン・OLのダイエットを徹底的にサポート
ダイエットを入り口に、メンタルサポートを展望

細川 ダイエットの情報商材を配信されているとのことですが、ダイエットを扱うようになったきっかけはどのようなことからでしょうか。

橋本 以前勤めていた会社が合併統合されるとの噂が出まして、自分たちの仕事がなくなるのでは、という危機感を感じたことがあったのです。それが40歳目前の時期だったのですが、「人生折り返し点を過ぎて、自分はなにもできていない。何かをやらないと・・・・」と、考えるようになったのです。そして、やるべきことを紙に書き出してみました。そうしているうちに、直感でまず始めようと考えた事がダイエットだったのです。

細川 仕事で独立するとかではなくて、まずはダイエットを始めてみたと(笑)。

橋本 そうです。(笑)。サラリーマンはダイエットができない生活なのですよね。お昼は外食、夜は接待や飲み会等付き合いも多い上、運動をする時間もない。土日は、日ごろの疲れを癒すのについのんびりと過ごしてしまい、とてもスポーツに割く時間も取れません。それで、ダイエットの方法を紙に書き出し、自分の姿を写真に撮って壁に貼り、自分なりに工夫して無理のないダイエットに励んだのです。そうしましたところ、見る見ると体重が減っていったのです。それで、この自分の経験を踏まえ、ダイエットに関することで何かできないか、と考えたのです。

細川 それで、インターネットで情報の配信を始めたというわけですね。ただ、普通、商材のダウンロードで収入を得る人が多いのでしょうけれども、この小冊子は無料ですよね。

橋本 ええ。コンサルタントの方に、「モノを売りたければ最初に有益な情報を小冊子にまとめて無料で提供しなさい」と言われたのです。お客様はそうやって信頼関係を高めてから、初めて買ってくれるものだと・・・・。

細川 お客様の反応はいかがですか?

橋本 今は、1日に約3000件のアクセスがあり、メールマガジンの登録者数も2万人ほどになりました。月収もサラリーマン時代よりも増えました。最初は独立を心配していた妻も、今は見守って応援してくれていまして、そのおかげでここまで来られましたので、お客様はもちろん、妻にも感謝しています。

細川 まあ、すてき。ご成功おめでとうございます。では最後にこれからの展望をお聞かせください。

橋本 今、ダイエットを通じてさまざまな相談を受けていまして・・・。実は私はカウンセラーの資格も取得しておりますので、メンタル面でのサポートもしていきたいと思っています。太った原因ははストレスかもしれないし、親子関係、上司との関係などの人間関係かもしれません。ですから、少しずつでも心の問題解決や悩み、夢の実現の手助けというような方向に仕事内容をシフトしていければ、と思っているところです。何より私自身が「収入」と「夢の実現」の融合に成功しつつありますので、多くの方のお役に立てれば幸いです。

 

戻る

写真・記事の無断複写・転用を禁止します。

会社員のためのダイエットサイト「給与所得者ダイエット」 
給与所得者サポート協会 代表 橋本和英
東京都大田区久が原4-32-1 
E-mail:info@kyu-sapo.com  URL:http://www.kyu-sapo.com

Copyright(C) 2005 Kazuhide Hashimoto All rights reserved.