簡単ダイエット!サラリーマン・OLが簡単に痩せる方法!運動なし・レシピなし・カロリー計算なし

下っ腹ダイエット

下っ腹ダイエット

下っ腹ぽっこりポッコリダイエットとは

下っ腹ダイエットとは、腸にたまった便を排出して、体内からスッキリするダイエット方法です。下っ腹ダイエットはデトックスにも、美肌にも効果的な簡単ダイエット方法です。

下っ腹ダイエットであなたの下っ腹ぽっこりからさようならです。
下っ腹ダイエットで下っ腹を引っ込めて、肌の毛穴をキュッと引き締めるためには、「腸」がカギを握っているのです。

下っ腹ダイエットで便秘解消・ダイエット・美肌には身体に溜まった”毒”を、ちゃんと出すことが重要です。

下っ腹ダイエットで腸がキレイになると、体内の解毒力が高まるのです。そして、キレイな腸でいるには、毎日「食物繊維」を摂ることです。下っ腹ダイエットは美肌にも効果的です。

しかし下っ腹ダイエットで摂取する食物繊維といっても、実は2種類あり、その働きは若干異なることをご存知でしょうか。

その2種類とは。

● 水に溶ける  「水溶性食物繊維」

● 水に溶けない 「不溶性食物繊維」

下っ腹ダイエットで水溶性食物繊維のペクチンを摂ると小腸の絨毛の成長が促進されます。絨毛は毒素の進入を防いでくれる働きがあります。

また、大腸でビフィズス菌などの善玉菌を増やして、悪玉菌を減らす作用もあります。

一方、下っ腹ダイエットで摂取する不溶性食物繊維は便量を増やして腸の壁を刺激し、便の排出を早めるパワーが、水溶性食物繊維より強いのです。

まとめますと・・

● 水に溶ける  「水溶性食物繊維」の効果

糖や油の吸収を抑える
コレステロールを低下
毒素の進入を防ぐ
便をやわらかくする
悪玉菌を減らす
カルシウム、マグネシウムの吸収をアップ

● 水に溶けない 「不溶性食物繊維」の効果

便を増やす
便の運搬を早める

水溶性食物繊維は、「美肌」に効果あり

不溶性食物繊維は、「下っ腹スッキリ」に効果あり

◆ 水溶性食物繊維が多く含まれる食材

  りんご
  ベリー
  かぼちゃ
  キャベツ
  グレープフルーツ
  サイリウム(オオバコ)
  麦
  きのこ
  ワカメ・コンブ

◆ 不溶性食物繊維が多く含まれる食材

  玄米
  大豆
  野菜
  カカオマス(チョコ・ココア)
  キトサン(かにやえびの殻)
  ごぼう

食物繊維は1日に20〜25gを摂る必要があるといわれています。

■ 下っ腹ダイエットの実践方法

下っ腹ダイエットでは上記の食物繊維が多い食品を食べるか、食物繊維が多く含まれているサプリメントを摂取します。

下っ腹ダイエット中は水を1日2リットル飲むようにして下さい。


 コメント 橋本 和英

下っ腹ダイエットの食事方法に加えて、お腹をマッサージする方法とか、軽い腹筋運動などをミックスするとより効果的です。




私が12キロ痩せた時に使った驚愕のサプリメントとは?

簡単ダイエット

「会社員・OLには運動や食事レシピ、カロリー計算は無理!忙しくて出来ない!でも痩せたい!」

残業で帰りは夜の10時。土日は疲れて家でゴロゴロ。運動する気になれないし、ダイエットの食事なんて面倒くさくて作れるはずもない。

上司、お客、会社のストレスのせいで、お酒を飲んで食べまくって・・・

ダイエットに挑戦しても失敗の連続。もうやる気もしない。なんとか成功しても、あっと言う間にリバウンド。 年1回の健康診断もシャレにならない。

そんなあなた!もう心配は無用です。ご安心ください。

給与所得者ダイエットマニュアルを読めば、あなたは運動なしカロリー計算なし、いままでと同じ食事内容で、かつ健康的に痩せていく簡単ダイエットの方法を知ることが出来ます。


運動なし、レシピなし、カロリー計算なし、食材は何を食べてもOKの簡単ダイエット方法!
登録・送信後すぐにメールで無料マニュアル72Pをお届け!
お名前  苗字だけでOK!
メールアドレス  半角英数 (携帯不可)

この無料レポートをダウンロードされた場合、橋本和英によってメールマガジン「マガジンID0000184845:給与所得者ダイエット」に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000184845.html

 読者数33,000 新作ランキング1位

※このサイトはメールマガジン誌上でのアフィリエイトと広告収入で運営されています。商品の購入は全くの自由です。商品を購入しなければ費用は一切かかりません。

「簡単ダイエットなら「給与所得者ダイエット」」のTOPへ

Copyright 2005 © 給与所得者サポート協会 All rights reserved