簡単ダイエット!サラリーマン・OLが簡単に痩せる方法!運動なし・レシピなし・カロリー計算なし

にがりダイエット

にがりダイエット

にがりダイエットとはにがりダイエットとは、にがりに含まれるミネラルの働きによって痩せる効果が期待できるというダイエット方法です。

にがりダイエットのにがりにはミネラル分が豊富に含まれており、その働きによりインシュリンホルモンが分泌されます。インシュリンは中性脂肪の吸収を遅くする働きがあります。

また、にがりダイエットで使用するにがりの主成分であるマグネシウムには、カルシウムの吸収を助ける効果があります。その結果、にがりダイエットが新陳代謝を高め、体内の水分・脂肪・老廃物を排出することがダイエットにつながっています。

にがりダイエットによるにがりにはたくさんのミネラルが含まれています。

主成分の塩化マグネシウム、カルシウム、マンガン、カリウム、鉄、亜鉛など。これらの豊富なミネラルは、体を構成する上でとても不可欠な栄養素です。

またにがりダイエットのにがりは神経の働きや細胞内外の物質を調節する際にも使われます。

■ 表記法の違い 

「塩化マグネシウム」と 「粗製海水塩化マグネシウム(塩化マグネシウム含有物)」

スーパーなどで、にがりの表示欄を見ると、「塩化マグネシウム(にがり)」と記されたものと「 粗製海水塩化マグネシウム(塩化マグネシウム含有物)」と記されたものがあります。

もともと、にがりとは海水から塩を取るのに、海水の水分を蒸発させ濃度を濃くしていき、塩を結晶させて取り出した残りの液体で、豆腐の凝固剤としてもちいられる塩化マグネシウムを多く含むほか、体に必要なミネラルを豊富に含んでいます。

この液体を「塩化マグネシウム含有物」または「粗製海水塩化マグネシウム」と言います。いわゆる天然にがりのことです。

一方、「塩化マグネシウム(にがり)」とは、塩化マグネシウム含有物を精製して塩化マグネシウムの純度を上げたもので、カッコ書きで、にがりと併記してもよいと認められています。

■ にがりダイエットの実践方法

にがりダイエットではにがりを一日に合計2cc(10滴)、食事に振り掛けるか、水に溶かして食事と一緒に摂ります。

食事と一緒に摂ると、マグネシウムの働きで脂肪分、糖分の吸収を抑える働きがあるからです。

またビタミンB1が多い豚肉などと一緒に食べると良いです。ダイエット効果を出すには、にがりダイエットのにがり成分のマグネシウムを1日100mg摂ることです。

にがりダイエットはたくさん飲めばたくさん痩せるわけではないので、飲みすぎに注意。


 コメント 橋本 和英

飲む量と飲むタイミングが、減量に大きく作用するようです。わたしはにがりダイエットはやったことありませんが、健康にもなりそうだし、他のダイエットに付随してやればよいのでは?

難しくもないしね。でも値段はちょっと高い?




私が12キロ痩せた時に使った驚愕のサプリメントとは?

簡単ダイエット

「会社員・OLには運動や食事レシピ、カロリー計算は無理!忙しくて出来ない!でも痩せたい!」

残業で帰りは夜の10時。土日は疲れて家でゴロゴロ。運動する気になれないし、ダイエットの食事なんて面倒くさくて作れるはずもない。

上司、お客、会社のストレスのせいで、お酒を飲んで食べまくって・・・

ダイエットに挑戦しても失敗の連続。もうやる気もしない。なんとか成功しても、あっと言う間にリバウンド。 年1回の健康診断もシャレにならない。

そんなあなた!もう心配は無用です。ご安心ください。

給与所得者ダイエットマニュアルを読めば、あなたは運動なしカロリー計算なし、いままでと同じ食事内容で、かつ健康的に痩せていく簡単ダイエットの方法を知ることが出来ます。


運動なし、レシピなし、カロリー計算なし、食材は何を食べてもOKの簡単ダイエット方法!
登録・送信後すぐにメールで無料マニュアル72Pをお届け!
お名前  苗字だけでOK!
メールアドレス  半角英数 (携帯不可)

この無料レポートをダウンロードされた場合、橋本和英によってメールマガジン「マガジンID0000184845:給与所得者ダイエット」に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000184845.html

 読者数33,000 新作ランキング1位

※このサイトはメールマガジン誌上でのアフィリエイトと広告収入で運営されています。商品の購入は全くの自由です。商品を購入しなければ費用は一切かかりません。

「簡単ダイエットなら「給与所得者ダイエット」」のTOPへ

Copyright 2005 © 給与所得者サポート協会 All rights reserved